映画

現代ホラーの頂点「ヘレディタリー 継承」

  1. HOME >
  2. 映画 >

現代ホラーの頂点「ヘレディタリー 継承」

2018年のアメリカ合衆国のホラー映画。監督はアリ・アスター、主演はトニ・コレット。

アリ・アスターという名前を聞いたことがなかったので調べたらヘレディタリーが長編映画監督デビュー作とのことだった。

トニ・コレットは『シックス・センス』でアカデミー助演女優賞にノミネートされている。

オーストラリア西部の映画館で『ピーターラビット』が上映された際に、R指定のヘレディタリーの予告が誤って流される事件があったようだけど小さい子がみたらトラウマになりそう。

舞台装置としてミニチュアが随所に出てくるが、とても不気味で現実とリンクさせている演出がよかった。予告の動画でも見れるが冒頭のミニチュアのシーンもおしゃれ。

おばあちゃんのミニチュアも怖かったが事故の再現ミニチュアが一番ゾッとした。

チャーリーの兄が車の中で現実を受け入れられない場面の演技のリアルさがすごい。しっかり間をとってるのがいいのかな。

埋葬する時下にパンしながら土の断面まで撮ってシーンが切り替わるところとかもこだわりが感じられて好き。

チャーリーの口を鳴らすくせもホラーの演出として使うのがいい。サイレントヒルのレッドミラミッドシンクの鉈の音みたいにその音がきこえるだけで怖さを感じる演出。

あとは登場人物は気づいていないが視聴者にだけ怪奇現象をみせるようなシーンもあったがあれも怖い。このタイプの怖さが一番恐怖を感じるきがする。

ヘレディタリーで最も怖かったシーン

これは異論ないと思うけど屋根裏に隠れる前のシーン。

ネタバレを避けつつ書いてみたから伝わりづらいと思うけどホラー好きなら絶対みた方がいい。

俺の中でナンバー1のホラー映画が更新された。

2週間無料トライアルのHulu

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-映画

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5