映画

バックパッカーを震撼させるホラー映画「ホステル」※ネタバレあり

  1. HOME >
  2. 映画 >

バックパッカーを震撼させるホラー映画「ホステル」※ネタバレあり

イーライ・ロス監督の代表作品。グリーンインフェルノもイーライ・ロス(こっちは見てない)。米連続ドラマSUITSのルイス(リック・ホフマン)が出てきてちょっと嬉しかった。

不安煽りの鉄板の口笛、軋む扉の音、心音が多用されている。

序盤にエ●をはさむホラーの多い

少々の恐怖より性欲が上回ることに説得力があるため物語を勧めやすくなるのか非合理的な行動が多い主人公達が気になったけどまあホラーあるある。

スロバキアの町並みがきれいで純粋に行ってみたと思った。スーパー美人が多い国。

ホステルのテレビにパルプフィクションが写っていてタランティーノリスペクトを感じた。

スロバキアのスパって混浴なのも衝撃だったけど洋画でありがちだけど同室に友達が居るのに●ァックしてるのもすごい。これはホラーというより洋画あるある。

きれいな日本人女性が出演していたがわざとなのかカタコト日本語だったのすごい気になった。この日本人女性の最後は仕方ないけど頑張って助けた主人公も可哀想。

拷問用の前掛け姿は悪魔の生け贄を思い出す。

ご都合主義な展開多い

友達が消えて主人公が探していると友達と同じジャケットを着ている男を見つけて声を掛けるが別人だった。その男の「This is my jacket」 くらいから不安感上げてくる。こういう怖くないセリフが状況で怖くなるポイント好き。

チェーンソーを使ってるやつが滑って転んで自滅するのもご都合主義だけど面白い。脱出時にもご都合感が凄かったのと、カナの悲鳴で助けに戻るのが勇者すぎて違和感がある。

二回目の一緒にスパに行く?が当人だったら超怖い。個人的にこの映画で一番怖いところ。

好きな怖いシーン

・拷問部屋で目が覚めた時の袋を被されて1人小視点で視界が狭いカット。

視聴者側も袋を被されている感覚になる。

・最後の一人になった主人公が他の人の拷問部屋を横目に引きづられるところの恐怖。部屋に閉じ込められ画面が暗闇の状態が続くカット。

やばい場所に連れ込まれている感がすごい。確実に自分への攻撃が迫っているのが怖い。

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-映画

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5