映画

怖い映画「キャビン」レビュー

  1. HOME >
  2. 映画 >

怖い映画「キャビン」レビュー

製作費は約3000万ドルという情報を先に知っていたら前半驚く作品。

前半は「死霊のはらわた」や「悪魔のいけにえ」、「13日の金曜日」などその他多くのホラー映画のあるあるが散りばめられた、わざとらしいくらい王道な設定。

男女5人でキャビンに泊まりに行く。そこで怪物的なものに襲われる。

ガソリンスタンドの不気味な男が忠告してくるのは完全に悪魔のいけにえオマージュ。しかしキャビンは今までの王道をぶっ壊す設定が組み込まれている。

スクリームは登場人物がメタ発言したりメタ的行動する感じだったけどキャビンは設定自体がメタ。

左から愚者、学者、処女、勇者、淫乱というホラーの定番

定番のストーリーが進む中、主人公たちの動向を管制室で監視する人々のシーンが挟まれる。小屋や森中に設置されたカメラで監視し、また薬物を散布したり、照明を調整し「ホラー映画の定番」になるように誘導していた。

日本では「リング」の貞子みたいなやつが出てた。

後半でラストガールが生き残り物語が終わるかと思いきや前半で死んだと思われていたマーティが隠れて生存していた。

怪物を送り込むエレベーターで管制室に侵入。

ディナとマーティが怪物の檻を全て開けてしまいカオスな状況になる。このシーンで急にすごいお金かかってる感が出てきて驚く。怪物が入っていたコンテナは「CUBE」を思わせる。

怪物全開放のシーンの迫力がすごい

キャビンに登場する怪物の元ネタ

・「シャイニング」の双子

・「ヘルレイザー」のピンヘッド

・『IT』のペニーワイズ

とか出てくる。映画だけじゃなくホラーゲームからも、

・「F.E.A.R.」のアルマ
・「Left 4 Dead」のブーマー、ハンター、タンク、ウィッチ

この怪物大戦争のようなカオスシーンすごく好き。好きな怖さとかではないけどここまで振り切ると他の映画では見れない絵だから面白い。

他にも多数のホラー映画の元ネタと思われる要素があるので是非見てみて。amazonprimeで無料で見れるよ!

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-映画

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5