映画

怖い映画「リング」レビュー

  1. HOME >
  2. 映画 >

怖い映画「リング」レビュー

原作は鈴木光司の小説「リング」。監督は中田秀夫。「女優霊」、「仄暗い水の底から」、「本当にあった怖い話」。2020年では「事故物件 恐い間取り」の監督もつとめている。

ビデオに殺されるなんて。

見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオテープ」の謎を追うというストーリー。最も記憶を消してもう一度見たいホラー映画。俺が見たときにはテレビで貞子のパロディとかやりすぎてて展開が分かった状態で見てしまったので若干怖さが薄れたはずだけど、それでも超絶怖かった。

これ見たら1週間後に死ぬので自己責任で

主人公は浅川 玲子(松嶋菜々子)。息子の陽一と暮らすシングルマザー。玲子の姪にあたる女子高生の智子(竹内結子)の不審な死の謎を追いかける。その中で息子と「呪いのビデオ」を見てしまい、1週間後に死ぬという呪いを解くために奔走する。

その呪いのビデオの不気味さは伝説になっている。このビデオのせいで丸鏡という物自体に怖いイメージがついた気がする。

 ビデオ内の白い布をかぶって下に指をさす男は「ハエ男の恐怖」へのオマージュ。

呪いのビデオどのカットも不気味だけどこの白い布指差し男一番不気味
ハエ男の恐怖』(原題: The Fly)の顔を見せないように布をかぶっているシーン

ジャンプスケアや過激なグロがあるわけでもないのに不安や恐怖を感じさせる映像を作るのは本当にすごい。ジャパニーズホラー の教科書。

呪いのビデオを見た者を写真に撮ると、顔が歪んで写るのだがこれもまた怖い。

リングは貞子の怖さだけでなく他の細かい演出も効果的。

その全てが最後の最恐の演出を引き立てる。最後のシーンだけ見ても怖さを最大限楽しめないからリングを見たことない人は是非最初から見て欲しい。

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-映画

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5