未分類

不気味なメモ 長岡京ワラビ採り殺人事件の真相を考察

  1. HOME >
  2. 未分類 >

不気味なメモ 長岡京ワラビ採り殺人事件の真相を考察

1979年5月23日に京都府長岡京市の山中で主婦2名が殺害された事件、長岡京ワラビ採り殺人事件を考察します。
有力な情報も得られないまま1994年5月24日に公訴時効が成立しており、
被害者が書いた助けを求めるメモがとても不気味で有名な事件となっています。

事件の概要

長岡京市内にあるスーパーマーケットでパートをしていた主婦2人が、
野山とう山にワラビ採りに行ったまま行方不明となり、2日後の25日、標高200メートルの山頂付近で遺体となって発見された。

死因はAさん(43歳)が絞殺、Mさん(32歳)が刺殺。
2人のリュックには、空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであり(金を奪われた形跡なし)、
死亡時刻はどちらも正午過ぎから午後2時半頃。

主婦Aの衣服のポケットから、
「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と鉛筆で走り書きをした勤務先のスーパーのレシートが発見されたが、
後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところで芯の先端だけが見つかっているが、鉛筆は見つかっていない。

Aさんは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、体内からは犯人のものと思われる体液が検出された。
Mさんは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さった状態で発見された。

捜査本部では、被害者2人が現場でほぼ同時に殺害されていることから、 犯人は単独犯なのか複数犯なのか分からなかったが、
Aさんが助けを求めるメモを書く隙があったことから犯人は単独犯で、Mさんを脅しながらMさんに乱暴して殺害し、
その後Aさんに暴行を加えたうえ、絞殺したと断定した。

犯行現場は、

地元の人が山菜採りに訪れているようなところだったが、
犯行発生前から木や竹が生い茂り、昼間でも薄暗いところが多く、レイプ事件も発生していたようです。

40年以上前の事件なので現在と違う部分も多いと思いますが、ストリートビューで確認すると今でも薄暗い雰囲気です。
住宅街から離れているため被害者が悲鳴をあげても誰にも届かないでしょう。

容疑者

  • 主婦たちが殺害される1週間前に、入山していた主婦に「ワラビ採れますか?」と声をかけた中年男性。

  • 長岡京市内に住む少年Aが、犯行時間内に駆け足で下山していたとの目撃証言があり重要参考人となったが、
    実際には犯行当日はアリバイがあったことが判明した。
    彼が空手を習っていて、よく山にサイクリングにきていることを知っている人物からの目撃情報。

  • 地元の不良グループに属する2名の建設作業員を重要参考人として任意で事情聴取を行った。
    2人は建設作業員A(28)とB(28)で不良グループ。
    2人は事件当日の23日昼過ぎ、現場の野山から 逃げるようにして下山し、その後姿を消した。
    また事件前日まで現場近くの神社付近で犬を連れてうろついたり、
    事件のあった翌日から急にブラブラするのをやめて仕事に精を出すなど、
    急にまじめさを装うなど不自然な点が目立っている。
    二人のうち特にAは性格が粗暴で、「空手の強い暴れん坊」と言われていたようだ。
    殺された二人にこぶしで強く殴られた傷跡が数多くあることから空手のできるAに疑惑が強まった。

「ワラビ採れますか?」似顔絵の男

事件から約1年前、このとき入山していた女性に「ワラビ採れますか?」と声をかけた中年の男がいた。
年齢は40~45歳くらいで軽装であったという。
当時、事件現場周辺では同様の声掛け事案が発生していたという。

事件の1週間前、このときこの山中で山菜取りをしていた女性に「山菜採れますか?」と声をかけた男がいた。
この男も40~45歳くらいの見た目で、身長は約170cm。グレーの作業着姿、刃渡り30cmほどの包丁を手に持っていた
このとき男がいたのは後の事件現場からわずか300メートルの地点であった。
声をかけられた女性は少し離れた場所にいた夫と子どもの元へ走って逃げたという。
事件後、警察はこの女性の証言に基づき男の似顔絵を作成したが、男の身元は特定できていない。

被害者

Aさん

手拳や蹴りなどにより皮下出血30ヶ所、肝臓破裂、左右肋骨9本骨折、手で首を絞められた痕があり死因は扼殺による窒息死。
体内からは犯人のものと思われる精液を検出。

遺体は山頂付近の斜面で、仰向けの状態で倒れていた。
服装はスポーツシャツにジーパン。シャツのボタンは一部ちぎれ、靴は脱げていたが、ジーパンはきちんとはいていた。
遺体の側には、所持金2千円が入ったナップサックが放置されていた。

Mさん

手拳~蹴りなどによるとみられる皮下出血50ヶ所、直接の死因は刃物で刺されたことによる失血死。
左胸部に刺さったままの文化包丁は左第四肋骨を切断し、心臓から肺にまで到達していた。
包丁は、彼女のポロシャツをまくり上げた上で、(シャツ越しではなく)素肌に直接刺さっていた。
正確に心臓の位置を刺すため、ポロシャツをまくり上げ直に包丁を突き立てたか。

体内からは精液検出されず、ただ膣壁に剥離があり、異物などにより凌辱を受けた可能性。
犯人のものと見られる体毛が付着。

Mさんの遺体は、Aさんの遺体が見つかった斜面を数メートル登った場所で見つかった。
うつ伏せの状態で、ナップサックは背負ったまま下半身は裸、パンストと下着が脚に絡まりついていた。

証拠

・犯人の指紋は一切出ていない

・凶器の包丁。
Mさんの左胸部に突き刺さっていた文化包丁は、ステンレス製、全長30cm、刃渡り18cm、最大幅4.5cm、柄は木製。
岐阜県関市で製造された約7万本のうちの1本であることが判明している。事件の数年前に製造中止になっていた。

・Aさんの遺体から採取された犯人のものと思われる精液(AまたはO型)

・Mさんの遺体に付着していた犯人のものと思われる体毛(O型)

・Mさんの遺体発見現場から南に約17メートルの地点で「鉛筆の芯の先端部分」。鉛筆本体は見つからなかった。

・Aさんのジーパンの右ポケットからしわくちゃになった「この男の人わるい人」のメモ
筆跡鑑定の結果、「Aさんの筆跡」と鑑定された。勤務先のスーパーのレシートに書かれており、日付は事件の2日前。

・AさんとMさんのナップサックに「ワラビの束」「空になった弁当箱」「中身の入った財布」。

犯行時刻

・胃の内容物、米粒、ノリなどの消化状態から、食後1時間以内に殺害されたと見られ、
犯行時刻はおおむね午後1時半~2時の間と推測された。

Aさんの夫への保険金目的疑惑

Aさんの夫は妻の死亡によって得た保険金で新車を購入したり、事件後すぐに恋人を作っていたといわれている。
事件前から関係があった可能性もあり、保険金目的で現在の妻を殺害したのではと疑われている。
Mさんの夫は受け取った保険金を事件捜査に協力する形で京都府警に寄付しているため、Aさんの夫への疑いをさらに強めている。

3人目の主婦

主婦2人が山でワラビ採りをしていて、被害に遭った事件とされているが、
実はワラビ採りに山に入った主婦は3人いたという説があります。

もう一人の主婦Kさんは先に一人で下山していて事件に巻き込まれなかったそうです。

警察はKさんが事件に巻き込まれないように、この事実は公表しなかったそうです。
しかしワラビ取り殺人事件から5年後に、Kさんは同市で首や背中をメッタ刺しにされた上、布団でぐるぐる巻きにされ家ごと燃やされ殺害されていた。

遺体は左耳の下を数回深く刺され、背中には十数箇所の切り傷があった。

Kさんはワラビ取り殺人事件の日、AさんMさんとワラビ採りに出かけたが、先に一人で下山したので無事だった。
マスコミと警察は報道協定を結んで、Kさんの安全のため彼女の存在を公表しなかったが、
後日Kさんは何らかのトラブルでワラビ採り殺人事件の犯人に殺されたという説がある。

Kさんの事件の犯人の血液型はO型でこちらの事件も未解決となっている

事件の考察

犯人

「ワラビ採れますか?」似顔絵の男だと思います。
地元の不良グループも怪しいですが、凄惨な殺人現場付近にいたことで素行の悪い自分が疑われることを危惧し、
真面目を装うのは不自然ではない。
指紋が残っていない点から計画性を感じます。
1年前に「ワラビ採れますか?」と女性に声をかけた人物も
事件1週間前に「山菜取れますか?」と女性に声をかけた人物が同一人物だとすれば、
1年以上事件を計画していた可能性があります。

残っていた証拠や5年後の事件の証拠から血液型はO型、
執拗な加害をしていた加害趣味、お金をとっておらず性的暴行はしている。
性的暴行も加害の延長線で行なっている。

正確に心臓の位置を刺すため、ポロシャツをまくり上げ直に包丁を突き立てているところから人に包丁を刺すことは初めてではない。
前科があれば警察の捜査で現場周辺住んでいる人間から割り出せるため前科はないのか外国人かと予想したが「ワラビ採れますか?」の男だとすると
外国人だと女性が分からなかったことから、外国人ではないか日本での生活が長いアジア系の人物か。

近くに住んでいる人物だとも限らない。1年以上前から事件を起こす場所を選定していると仮定するとわざわざ自宅の近くを選ぶとは考えいにくい。
少し離れた場所から何度か事件現場の山に来ていたのではないでしょうか。

メモ

最初にこのメモを見た時は「この男の人」という箇所が、わざと性別を書いているような印象を受けたため犯人が書いたメモではないかと感じました。
しかし筆跡鑑定で被害者が書いたものとされています。男という漢字が特徴的なので犯人が付け加えたわけでもない。

オワれているの部分は犯人との距離を感じるが、「この」男の人と書いていることから距離が近くなっていることが分かる。
犯人との距離が近くなり、後から最後の行を付け足したのかもしれません。

その状況で想像する状況は、AさんとMさんは少し離れて山菜を取っていた。
犯人は先にAさんに声をかけ、暴行を加えていた。
MさんはAさんが助けを呼ぶ声を聞き雑木林で視界が悪い中駆けつけた。

犯人は駆けつけたMさんをAさんに包丁を突きつけ脅しMさんの動きを止めたMさんにも暴行を加えた。
Mさん暴行中にAさんが逃げようとしたため殺害を試みる。
この時強い暴行を加えられたMさんは声が出ないことに気づき、メモを書く。
隙を見て逃げ出す算段を立てていたMさんは「オワレテいる」と書いた。
今しかないと逃げ出すMさんだったが犯人に追い付かれ絞殺された。

3人目の主婦

犯人が3人目の主婦をなぜ特定できたかを考えます。
被害者を暴行中に何人できたか、名前、職場などを聞き出した可能性があります。

なのでこの3人目の主婦Kさんの事件にも関わっているのかもしれません。

日本の未解決事件: 闇に消えた真実、謎の事件の真相に迫る 事件考察解明シリーズ

▼YouTubeでホラーゲーム実況もやってるので良かったら見てください▼

ゲーム倶楽部がじら

-未分類
-

© 2024 がじらのホラー研究所 Powered by AFFINGER5