アニメ

見ると後悔するアニメの鬱シーンランキング6選※ネタバレあり

  1. HOME >
  2. アニメ >

見ると後悔するアニメの鬱シーンランキング6選※ネタバレあり

・6位『がっこうぐらし』ゆき以外の視点

アニメ観るなら<U-NEXT>
まどマギやがっこうぐらしのようにジャケット詐欺アニメ。
そのどんでん返しも(1話だけど)衝撃的ですが、
他にも叙述トリックのようなものが盛り込まれているので最後まで見て欲しいアニメ。

・5位『ぼくらの』カコの最後

15人の少年少女達が一回戦闘をする度にパイロットの命を奪う巨大ロボット「ジアース」に乗って、
地球を守る為に戦う使命を与えられる。
戦闘に負けると地球が滅亡することが決まっているため買っても負けても絶対に死ぬことが決定しているという鬱が約束された設定。

意外にも受け入れる子供や嫌がりながらも果敢に戦う子供がいる中、
カコという男の子は普通の子供なら1番多いのではないかという反応を見せるのでリアルに感じられ鬱度が高い。

アニメより漫画の方が濃いしストーリーも違うのでアニメ見てハマりそうなら漫画も見て欲しいです。

・4位『魔法少女まどか・マギカ』マミの最後

魔法少女たちが物語が追うごとに死んでいくので『ぼくらの』に近い設定。

中でも一番最初の死亡シーンであるマミさんの死が衝撃的。
普通に視聴してたら予想できない展開で頭が追いつかない。
変身する魔法少女が苦戦しながらも勝ち進む展開でしょって思い込んでいたがこのシーンでその考えが覆される。

後半はマスコットキャラの「キュゥべえ」が出現するたびに恐怖を感じるようになる。

・3位『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に量産機VSヱヴァ弐号

新世紀エヴァンゲリオンの映画版。
この映画全体が暗い雰囲気が漂っていますが、中でもみんなにトラウマを植え付けたシーンがこちらです。

量産機のデザインも不気味だし、倒した量産機が復活するところは絶望を感じる。
量産機に鳥葬された後の弐号機残骸も生々しい。
映画の終盤に流れる「甘き死よ、来たれ」が世界滅亡のシーンにぴったりでとても好きです。 

・2位『コードギアス反逆のルルーシュ』血染めのユフィ

この回がまともに終了していたらハッピーエンドでこのアニメは終了していたのに...。
冷静に考えたらちょっと強引すぎる流れではあるけど、
それ以上にユフィの今までのイメージとかけ離れた行動の絵が怖い。
このシーンだけ見ても衝撃8割減しますが、1話から見て血染めのユフィ見ると一生忘れられないレベルの衝撃を受けることになります。

・1位『デビルマン』美樹の最後

あらゆる鬱作品の元祖デビルマン。

鬱な展開しかないし救いもないから他にも選びたいシーンがあったけどやっぱりここがNo.1です。
何回見ても鳥肌立つから定期的に見てしまう。
人間を殺そうとする悪魔がいる世界で、クソみたいな人間が善良な人間をころしてその人間を罰するのがデビルマンという皮肉。

昨今のSNSの炎上からの私刑的なものを見ると美樹を思い出します。
Netflix限定の現代風にリメイクされたほうもこのシーンはもちろん他の鬱シーンも再現されているのでおすすめ。

アニメ観るなら<U-NEXT>

▼YouTubeでホラーゲーム実況もやってるので良かったら見てください▼

ゲーム倶楽部がじら

-アニメ
-

© 2022 がじらのホラー研究所 Powered by AFFINGER5