ゲーム ホラーゲーム

友達と最大4人で遊べるホラーゲーム「Phasmophobia」 

  1. HOME >
  2. ゲーム >

友達と最大4人で遊べるホラーゲーム「Phasmophobia」 

2020年9月19日Steamでリリースされたマルチプレイ対応のホラーゲーム。

リリース日2020年9月19日
タイトルPhasmophobia
ジャンルホラー
価格(税込)1,420円
プレイ人数最大4人
SteamのURLこちら

プレイヤーの目的は各ステージに潜む幽霊の特徴をアイテムを駆使して調べていき、どのような幽霊なのかを推理すること。ステージを調べる途中でポルターガイスト現象や、幽霊から襲われ死んでしまうなどトラブルも発生するので気をつけながら調査を進めていかなければならない。

アイテム

名前効果証拠
懐中電灯正面を照らすアイテム。停電時はこれがないと視界が超悪くなる。
カメラ右クリックで写真が撮れる。5枚までしか撮れないからカシャカシャしてると必要な時になくなってしまう。ミッションで幽霊を写す、汚れた水を写すなどがありクリアすると報酬がもらえる
ビデオカメラ右クリックで緑ランプ状態にして設置すると車の中のPCから映像が見れるようになる。幽霊の証拠のオーブはこの映像からしか見えない。
EMFレーダー幽霊が近くにいると反応するレーダー。ランプが5個つくと証拠にもなる。幽霊の場所特定にかなり重要。
スピリットボックス幽霊の声が聞けるアイテム。暗闇状態で喋るタイプの幽霊だと話しかけたら返答が返ってくる。結構面白い。
ゴーストライティングブック幽霊の出現するポイントに設置し本を書くタイプの幽霊だった場合何か書いてくれ証拠になる。
UVライト幽霊の指紋を発見することができ証拠になる
温度計部屋の温度が測れる。氷点下なら証拠になる。
十字架部屋に置き十字架の3m(バンシーは5m)以内に居ると攻撃されない。ハンティングモードが始まった状態で置いても効果はない。2回防ぐことができるが使い終わったかどうかは見た目で分からない。
スマッジスティックライターかキャンドルで着火(ライターを持った状態でFキー)して使用する。スマッジスティックが煙を出し始め幽霊が6メートル以内にいる場合、90秒間ハンティングモードに入ることができなくなる(スピリットは180秒)。
ハンティングモードが始まっている場合はプレイヤーの追跡を停止し、6秒間さまよってからハンティングモードに戻る。スマッジスティックは、手に持っているときも床に置いているときも機能する。
設置した塩の上を幽霊が通った後にUVライトをかざすと足跡が見える。(レイスは足跡が残らない)
足跡が入ったソルトの写真を撮ると、ラウンドの終わりに追加のお金を稼ぐことができる。

ゲームの流れ

1.ミッションを確認してアイテムを持っていく 

車の中のホワイトボードみたいなやつでミッション確認。翻訳ガバガバでわかりにくい上にアイテムの説明の文字がハズキルーペなしでは見えない。アイテムは3個まで持てるので持てるだけ持っていく。最初の5分間は絶対に襲われないので幽霊の場所を特定できるアイテムを持って仕掛けまくる。

2.幽霊の場所を特定し特徴を見つける

EMFレーダーでレベル5が出た時

EMFレーダーが反応した所周辺を幽霊は通っている事になる。一定のルーティーンで動いているので、どういうルートを通っているかを推理することが重要。上の動画ではレベル5が出ているので証拠になる。塩を購入して設置すると幽霊が通った痕跡がわかるので塩もおすすめ。

スピリットボックスで幽霊が喋った時

この時の幽霊は結構喋りかけると返答してくれる幽霊で面白かった。返答してくれると証拠になる。

1人が車の中でモニタリングして仲間をサポートする

車の中からしか分からないことがあるので1人はモニタリングして仲間をサポートしてあげると良い。4つのモニターと監視カメラを見ることができる。

・マップ

左上にあるモニター。マップと仲間の場所が表示されている。幽霊にブレーカーを落とされた時にブレーカーの場所(マップ上の緑でマークされている場所)を教えてあげたりできる。モニタ左の白いスイッチでマップの階数を切り替えることができる。

・チームの正気度

左下のモニター。暗闇にいる時間が長いとどんどん正気度が下がっていく。正気度が低いと幽霊に襲われやすくなる。正気度が下がった人がモニタリングするようにして正気度を節約しよう。

・総活性

右下のモニター。幽霊の活動の度合いをあらわしている。総活性が0の時は幽霊が襲ってくることはなく10の時はハンティングモード(近くにいるプレイヤーを襲う状態)になる。ハンティングモードになるとライトが点滅する。活性が上がったら幽霊の通らない部屋に隠れてドアを閉めて息を潜めよう。クローゼットに隠れてやり過ごすこともできる。

・サウンドセンサー

レベルをあげてサウンドセンサーを購入しないと使用できない。微かな物音も拾うことができるので幽霊の場所を特定しやすい。

・監視カメラ

ステージにもともと付いている監視カメラと自分設置したビデオカメラの映像が見れる。ゲームの中のマウスをクリックすることで切り替えることができる。この映像からしか証拠となるオーブは見ることができない。

3.証拠を選択し幽霊を特定する

幽霊の種類

名前特徴証拠
スピリット(精神)基本的な幽霊。スマッジスティックを使用すると、長い間狩りをするのを防げる。スピリットボックス、指紋、ゴーストライター
レイス壁を通り抜けることができ足跡を残さない。指紋、氷点下の気温、スピリットボックス。
ファントムファントムを見るとプレイヤーの正気度が低下する。EMFレベル5、ゴーストオーブ、氷点下の気温
ポルターガイスト(騒霊)オブジェクトをよく投げる。離れた場所のオブジェクトを投げれるので場所を特定しづらい。ポルターガイストだけがオブジェクトを投げるわけではない。スピリットボックス、指紋、ゴーストオーブ
バンシー1人の特定のプレイヤーのみをターゲットにしてストーキングし襲ってくる。十字架が嫌い。EMFレベル5、指紋、氷点下の気温
ジンジンはターゲットのプレイヤーが離れるほど速く移動する。その場所の電源を切ると、ジンの速度が遅くなる。スピリットボックス、ゴーストオーブ、EMFレベル5。
マーレ(悪夢)暗闇でより積極的に攻撃してくる。ライトを頻繁にオフにする。電気をつけたままにすると襲われにくい。スピリットボックス、ゴーストオーブ、氷点下の温度。
レヴナント(幽鬼)正気度に関係なく誰でも攻撃する。狩りをするときはいつでもターゲットを切り替えることができる。
プレイヤーが隠れると、非常にゆっくりと動くようになる。
EMFレベル5、指紋、ゴーストライティング
シェード非常に恥ずかしがり屋なので検出するのが難しい。
プレイヤーが複数で行動していると狩りをしない。
EMFレベル5、ゴーストオーブ、ゴーストライティング
悪魔非常に攻撃的で、頻繁に狩りをする。スピリットボックスを使用して質問をしても、正気が失われない。スピリットボックス、ゴーストライター、氷点下の温度
幽霊プレイヤーの正気をかなり消耗させる。
同じ部屋でスマッジスティックを使用すると動かなくなる。
ゴーストオーブ、ゴーストライティング、氷点下の温度。
かなりアクティブで、移動が早い。EMFレベル5、スピリットボックス、ゴーストライター

 アイテムを駆使して集めた特徴を元に推理して幽霊を特定する。早い段階で2択くらいに絞れることもある。どうしても分からない時はヤマカンでいく。

ゲームのシステムが良くできているし友達とわいわい騒ぎながらプレイできるのでお勧めのホラーゲーム。翻訳とかバグみたいなあらはあるけど改善していくと思う。VRでもプレイできるらしいのでいつか全員VRでプレイしてみたい。

Phasmophobia on Steam

Phasmophobia is a 4 player online co-op psychological horror. Paranormal activity is on the rise and it's up to you and your team to use all the ghost hunting equipment at your disposal in order to gather as much evidence as you can.

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-ゲーム, ホラーゲーム

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5