怖い話

未解決事件 「福島女性教員宅便槽内怪死事件」 真相を考察!

  1. HOME >
  2. 怖い話 >

未解決事件 「福島女性教員宅便槽内怪死事件」 真相を考察!

福島女性教員宅便槽内怪死事件とは?

事件発生場所福島県田村郡都路村
事件発生日1989年2月28日18時ごろ
概要女性教員の部屋のトイレの中から男性の遺体が発見された

この福島女性教員宅便槽内怪死事件はあまりに有名で未解決事件として取り上げられることもありますが、
正確には解決済みの事件です。
というのも、警察が公式に除き目的で侵入し寒さと窒息で死亡したことを発表しているからです。
しかし不可解な点が多いため、真実が別にあるのではないかとささやかれています。

事件の概要

女性教員の部屋のトイレの中から男性の遺体が発見された。
発見したのは小学校の教員をしていた23歳の女性Hさんで、
遺体として発見されたのは、同じ村内に住んでいる26歳の男性のKさん。
Kさんは上半身裸で服を抱えた状態で便槽の中にいました。

実はこの第一発見者のHさんは被害者とも面識のある方でした。

Hさんは自宅であるの汲み取り式のトイレの中をふと見ると人の頭部とその上に靴が乗っていることに気づいたため、
外へ出てトイレの汲み取り口を確認すると蓋が開いており、
そこから人の足が見えためすぐに同僚の教員を呼び、その同僚の教員が警察へ通報したようです。
遺体で発見されたKさんを便槽から取り出す際、
汲み取り口や便器が狭すぎたためトイレを重機で破壊して取り出す必要がありました。
トイレを破壊した後、遺体を運び出した後に2回洗浄しています
検死結果は凍え兼胸部循環障害と報告されました。
死亡推定日は2月26日とされ発見の2日前に死亡していたことがわかっています。
遺体には肘や膝にかすり傷はあるものの、目立った外傷はなく争った形跡もなかった

警察は遺体として発見されたKさんが除き目的で侵入し寒さと窒息で死亡したことを発表

事故死として片付けた警察に再捜査の依頼をするために、村内で約4000名もの署名が集まりましたが警察は再捜査の依頼を却下しています。

不可解な点

便槽の筒の直径

便槽の筒の直径は36センチ。成人男性の肩幅は約45センチ程度と言われています。
ただ肩幅が45センチでも脱出することを考えずに無理やり入ろうとすれば入れる幅だと思います。

真冬にもかかわらず、男性は上半身裸

のぞき目的で進入したと仮定すると、服に汚れがつくことを気にして脱いだと言うことになると思います。
しかし、過去の気象データからこの日の最低気温は-5度にもなっています。
簡単に便槽から脱出できないことは誰が見ても一目瞭然なのであえてこの寒い日にのぞくと言うのは考えにくいです。

・Kさんの人柄

人柄は、とても明るく活発な青年であり、スポーツや音楽を愛する人物だったと証言されています。
また、知り合いも多く人望も厚くこういった事件とは無縁の人物だと語られています。
しかし、性犯罪などで好青年だと思われていた人物が犯行に及んだ例などは多々あります。

・死亡時の服や靴

服を両腕で抱えた状態で、靴の片方が顔の上にありもう片方は現場から離れた土手に靴の片方を残しています
第一発見者のHさんは汲み取り式のトイレの中をふと見ると人の頭部とその上に靴が乗っていることに気づいたとされています。
靴はともかく人の頭部に気づくのはおかしいとの意見も見ましたが、普段汚物しかない場所に人間の肌が少しでも見えたら気づくのは不自然ではないと感じます。

頭部に載っていた靴についてはのぞき目的で入った場合は汚物を受け止めるためとの意見がありましたが、わざわざ履いてきた靴を使用するのは不自然です。
さらにもう一足の靴は土手にあったので強引に理由をつけるならば犬に持って行かれたなどになると思います。
靴を片方は脱ぎ、もう片方は汚物を受け止めるため頭部に乗せたことになる。

他殺説だとすれば、無理やり土手で車に乗せるときに靴の片方が脱げ、
もう片方の靴は便槽に強引に入れる時に脱げたため、犯人が便器側から投げ入れた可能性があります。

Hさんの不在

事件発生の4日前の2月24日から27日の間、休暇を取り、実家に帰省していた
親しい仲だったKさんは、Hさんが休暇で不在にしていたことを知っていたと考えられます。
脱出が不可能に近い便槽に進入するのにHさんが休暇を取っていた期間の犯行は不自然です。

最後に目撃をされてから、遺体として発見されるまで4日

最後にKさんを目撃したのは、Kさんの父親でした。
昼間にKさんが出かける際に父親に対し「ちょっと行ってくるからな」と声をかけていたそうです。
父親はKさんがどこへ行くかは聞いておらず、そのまま見送っています。
遺体として発見されるまでの間の足取りはわかっていません。

2月24日に家を出たKさんは行方が分からなくなり、
2月26日に便槽内で死亡。
2月28日に発見。

農協の駐車場に停められたKさんの自動車

Kさんが運転していたと思われる乗用車が、女性教員宅の近くにある農協の駐車場に停めてあった。
車は鍵がかけられていた状態でした。

女性へのいたずら電話

福島女性教員宅便槽内怪死事件の第一発見者であり、
女性教員は遺体として発見されたKさんとは面識があったようです。

実は過去に女性教員のもとに、いたずら電話のようなものがかかってきたことがあり、
実際に被害男性はいたずら電話に対して対応をしたこともあったようです。

ただ面識があっただけではなく割と親しい中であったと言うことになります。

村長選挙との関係説

応援演説を頼まれることもあり、都路村の村長選挙にも深く関わっていたことがわかっています。
正義感が強いKさんは都路村の選挙での金の汚さや不正などに嫌気がさしていたとの情報があります。

福島原発の事故との関係説

次に有力視されているのが、Kさんが務めていた福島原発の問題です。
実はKさんが遺体として発見される前には、
福島第二原発3号機内にて様々な問題や事故が発生していたことがわかっています。

本事件が起こる前1989年1月に、Kさんの上司である運転管理責任者が上野駅で飛び込み自●をしています

福島女性教員宅便槽内怪死事件の考察

事故死に見せたいだけならトイレの中に隠すというのが腑に落ちない。
もし誰かに無理やり押し込まれたのであれば被害男性の評価を死後も落としたいという気持ちがあったのではないかと思います。
さらに確実に発見される被害男性の知人である女性宅の便槽という場所。

槽にどうやって入ったのかの謎は、脱出することを考えずに無理やり押し込めば入れることはできるのではないかと思っています。
侵入不可能とされていることから、そもそも便槽内に被害男性は入ってなかった説もありますがそれは強引すぎると感じます。
重機を使って便槽を破壊して男性の遺体を取り出していることから便槽内に入っていたことは間違いないと思います。
最初は叫ぶことができた可能性はありますが寒さと糞尿によりすぐに声も出せなくなるはずです。
もしかしたら水や汚物を少量でもかければ割と早く死亡してしまうでしょう。

第一発見者の女性が休暇で外出していたことはのぞき目的だと不自然にうつりますが、真犯人がいるとすればとても都合の良い状態だったとも言えます。
女性にも見られることなく犯行に及ぶだけではなく、Kさんを侮辱するような目的もあったと感じます。

生きた状態で無理やり入るように強要させ、そのまま放置し凍え兼胸部循環障害で亡くなった。
明確に殺意があったと言うより強く侮辱して支配しようという感情であったような気がします。
真冬の便槽に半裸で閉じ込めれば死亡してしまうことは想像つくだろうと思われるかもしれませんが、いじめや侮辱が目的で明確に殺意を持っていない幼稚な犯罪者は本当に多いのです。

村長選挙や原発問題の両方が絡んでいた可能性はあると思います。
複数犯で、その犯人たちに相互に利益がある犯行だったのかもしれません。
複数犯であれば目立った外傷をつけずに便槽に進入させることも可能だと思います。

▼YouTubeでホラーゲーム実況もやってるので良かったら見てください▼

ゲーム倶楽部がじら

-怖い話
-,

© 2022 がじらのホラー研究所 Powered by AFFINGER5