映画

ペイルマンで有名な映画「パンズラビリンス」

  1. HOME >
  2. 映画 >

ペイルマンで有名な映画「パンズラビリンス」

リアルとファンタジーが融合した世界観

※ネタバレあり

監督・脚本はギレルモ・デル・トロ。

第79回アカデミー賞では撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞。

パンズラビリンス のパンは左の怪物。右の少女が主人公のオフェリア。

スペイン内戦で仕立て屋の父を亡くし、超怖い軍人のヴィダル大尉と再婚しちゃった母と暮らすオフェリア。ヴィダルは生まれてくる息子に期待していてオフェリアや彼女の母にはあたりがくそ強い。母もヴィダル太尉怖いから何も言えないためオフェリアは居辛さを感じていた。

そんな時オフェリアは本のおとぎ話の世界へ引き込まれていく。虫が妖精に変身からパン登場のファンタジー展開の早さがいい。

ペイルマンが有名すぎてこの化物に追いかけ回される映画って思われがちだけど登場シーンめっちゃ短い。オフェリアもやばい感MAXなのに葡萄食べるなーてなる。このシーンファンタジー感強くて楽しい。

砂時計のタイムリミットが迫りペイルマン(サムネのバケモノ)が追いかけてくる所は見もの。

メルゼデスのスパイ行為もヴィダル太尉が怖いから緊張感すごい。

リアルとファンタジーを行き来し境界もぼやけてだす感じ。戦争の悲惨な感じでリアリティ感じつつパンの登場でファンタジーの世界出してきたりで見てる側の頭もおかしくなってくる。

母の病気を直すマンドラゴラがバレるオフェリア

太尉に睡眠薬入りの酒を仕掛けて一度飲むのをやめることで不安にさせる。サイコの車沈める時に一回止まるシーンみたいな感じ。

ラストは王国に行ってハッピーエンドかと思ったけど夢だったんだな。って思うけど天国イコール王国何か?とも考えれる。

最初からファンタジー要素はオフィリアの妄想だったのかって思ったけどそうなると辻褄合わないところ(マンドラゴラとかチョークとか)あるから最後までどこからどこまでが現実かがわからない感じがすごくよかった。いい映画見たーーーって気持ちになれる。ハッピーエンドではないけど。

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-映画

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5