ゲーム ホラーゲーム

がじら的に怖さNo.1ホラーゲーム「ドキドキ文芸部 Doki Doki Literature Club!」

  1. HOME >
  2. ゲーム >

がじら的に怖さNo.1ホラーゲーム「ドキドキ文芸部 Doki Doki Literature Club!」

日本のゲームが好きなアメリカのゲームクリエイターのダン・サルバトがほぼ一人で作成したゲーム。キャラクターやストーリーがアメリカの人が作ったと思えないくらい日本人好みですごい。

恋愛趣味レーションの皮を被ったホラーゲーム

ドキドキ文芸部

前半は伏線を撒きつつ後半の恐怖を増幅させるパート。

意外に文芸部という設定をかなり生かしていて怖い後半抜きにしても面白いストーリーだった。サントラも発売してるけどトラウマ蘇るので僕は買う気にはなれない。

部員同士でオリジナルの詩を見せ合うということをするのだが前半はキャラクターの性格を知ったり好感度をあげたりする機能だと思っていたが、後半の詩の交換は怖くて見たくない気持ちになるレベルのホラー機能になっていた。

この後のナツキの反応もクッソ怖い

Twicthで配信していたのでプレイ済みのアメリカ人からアドバイスをもらいながらプレイしたので一人じゃ分からなかったであろう恐い演出も楽しめます。

主人公の幼馴染のサヨリの元気が無くなってくるところあたりから不穏な空気を感じ出す。

前半ののほほんとした空気から文化祭で一転ホラーになる。

セーブデータがぶっ壊れる

物語序盤で文芸部部長のモニカにセーブをすることを勧められる。たまにあるメタ発言くらいにしか思っていなかったが今思えばこのゲームの根幹となる発言だった。

文化祭の後せっかくセーブしたデータが消えてまた最初からゲームが始まるが違和感がすごい。まず存在が消えているキャラクターがいるしたまに画面にノイズが走る。

ゲームのデータに干渉してくるキャラクターがいることがわかる。

また教室内の後ろのポスターがトラウマ画像に変わっているシーンがある(コメントで教えてもらって気づけた)

気づかない人もいるレベルの強気なホラー演出好き

あとはノベルゲーでよくあるスキップ機能までホラーの演出として使っているところがあって天才的だった。

この演出は天才。実際プレイして欲しい。

第3の壁

物語の終盤で分かるがこのゲームのローカルファイルにあるcharactersファイルにある登場人物のchrファイルが改ざんされて恐ろしい画像になっていたりこのファイルを削除することで物語に影響を及ぼしたりする。

ゲームファイルの一部がこんなことになっている

なので展開が全く予想つかない恐怖がある。映像も3Dとかではなく絵なのだが下手なジャンプスケアより恐い。今までプレイしたホラーゲームで一番怖いと言える。

ホラーゲームもホラー映画も少人数、低予算でもセンスや努力ですごい作品になることがあるから楽しいジャンル。

2021/7/1に発売したドキドキ文芸部プラス配信しました。

もじ記事がよかったと思ったらがじらのアカウントをフォローしてください

-ゲーム, ホラーゲーム

© 2021 Gadzilla.com Powered by AFFINGER5